家づくりをあきらめない!
安心して相談できる環境をSNSで発信せよ

​株式会社ピースホーム

​テーマ

建築/住/リノベーション

​職種

マーケティング・広報/新規事業企画

身の丈にあった手ごろな価格で安心できる住まいを提供する 

宮崎市の中心市街地から車で北に5分ほどいくと、ピースホームが見えてきます。

代表の福留さんは大手ハウスメーカーで設計をしていたところ、実家から呼び戻され、その際に行った家づくりで苦い経験をします。

実家に戻った時、すでに家族のいた福留さんはまだ若く、資金的な余裕が全くなかったため、地元の大工さんにマイホームの建設を依頼しました。

念願のマイホームが完成し、新居での暮らしがスタート。しかしながら、3か月後天窓から雨漏りが・・・さらに翌月、バルコニーから雨漏りがはじまり、その真下にあった押入の中は雨で水浸しになってしまいました。大工さんに電話をかけ、何度となくやりとりをしていましたが、結局これといった対策を打ってくれることもなく、そのうち電話にも出ないようになってしまいました。

いくら安くても雨漏りする家は家ではありません。

この経験の後、同じような苦い思いを経験した家族が少なくないことを知った福留さんは、手が届かないくらい高価な家でなくても、長く安心して暮らせるような家造りはできないのかという思いから、ピースホームを立ち上げることにしました。

「愛される」家づくり 

福留さんは自分と同じような後悔を体験してほしくないという思いからピースホームを立ち上げました。企業理念は「家づくりの主役は家ではなく家族」とし、お客様に愛される家づくりを目指し、家づくりに取り組んでいます。

お客様からは、

「会社の家づくりに対する考え方に共感しました」

「何度も何度も修正したが、嫌な顔一つせず親身に対応してくれた」

という声をいただき、そういった口コミから、現在は実際に家を建てていただいたお客様からのご紹介による契約がなんと全体の43%を占めています。

現在従業員数は26名、平均年齢は30歳と若く、やる気のある仲間と一緒に、これまでの工務店にはなかったハウスビルダーを目指し、業界に新しい風を吹かせようとしています。

コロナ禍での住まいにおける価値の変化

コロナウイルスの影響で大手ハウスメーカーが受注金額を大幅に下げたという報道が話題になっていましたが、今後「家」へのこだわりはより強くなることが考えられます。

「Stay home」が様々なところで叫ばれ、これを読んでいる皆さんも昨年より家にいる時間が長くなったのではないでしょうか?

おうち時間をいかに楽しめるかが重要となっている現在、いかに住み心地の良い家に住むかは生活の質を上げることにより直結しやすくなりました。

ただ、経済の落ち込みで家づくりに費用が掛けられなくなってきたことも現実としてあります。

福留さんは「そここそ私たちの出番」だと言います。

「身の丈にあった手ごろな価格で安心できる住まいを提供することが私たちの使命です。」

SNSを活用し、相談しやすい環境づくりに挑戦!

ここで突然ですが、家づくりをしようと思った時の最初のステップは何だと思いますか?

他の業種でもCM等で聞くことがあるかと思いますが、「まずは相談から」です。

 

ただ、家づくりは「一生に一度の買い物」なので、もちろん相談も慎重になります。

ピースホームでは気軽に相談ができるよう、オンライン無料相談会を実施し、電話・LINE・Zoomなど様々な方法で対応しています。

もちろん来店しての相談も可能ですが、コロナウイルスの影響次第では、今後来店しての相談やイベントの開催が難しくなることも考えられます。

そういった中で今回は様々なSNSツールでの広報を検討し、文章・画像・動画の内容を工夫して、SNS上でいかにお客様からの相談に繋げられるか、皆さんと一緒に挑戦します。

​仕事内容

【STEP1(1週目~4週目)】

・施工や営業など家づくりの一連の流れを体験してもらいながら、ピースホームについて理解を深めます。

・LINE@の登録者数、50名増加を目標に広報担当と今後のSNS戦略案を考え、社長に提案します。

【STEP2(5週目以降)】

・提案した戦略に沿って、検証を行います。検証したものを分析しながら、よりよい戦略を立て、検証・分析を繰り返していきます。

【STEP3(最終週)】

・提案し、検証したSNS戦略に基づくLINE@からの新規相談申込者20名を目指します。

・最終的な戦略を社内で発表します。

​期待する成果

・SNSを活用して、ピースホームの魅力を家づくりに悩む人へと届ける。

・LINE@の登録者数50名増、LINE@からの新規相談申込者を20名獲得する

​得られる経験

・企業の広報部門での実践経験

・年齢や所属の異なるメンバーとチームで課題解決に取り組む経験

・課題の洗い出しから分析までのプロジェクトの一連の流れを体感できる

採用予定人数

​2名

​活動期間

2020年9月上旬~2021年2月上旬(打ち合わせ後決定します)

​活動頻度

STEP1については、週3日~4日(活動日程は土日を含みます)
STEP2以降については、週1日~2日

※授業との両立を前提に頻度については調整します。

​活動場所

STEP1については、本社(宮崎市江平西1丁目1-21)

STEP2以降については、リモート(PC・ネット環境が必要となります)

※新型コロナウイルスの感染拡大の状況によっては、フルリモートとなる可能性もあります。

​報酬

​なし

​実費負担

​なし(交通費支給)

​その他

服装は大人カジュアル、本社での活動時は自家用車または原付で移動可能な方

​団体概要

株式会社ピースホーム
代表者名 代表取締役 福留 秀和
従業員数 29名
住所 宮崎県宮崎市江平西1丁目1-21
HP:https://www.peacehome.jp/

DIVE!ミヤザキ・プロジェクト

企画・運営 宮崎大学 産学・地域連携センター

      〒889-2192 宮崎県宮崎市学園木花台西1丁目1番地 

​      https://www.miyazaki-u.ac.jp/crcweb/

問合わせ先    宮崎大学 産学・地域連携センター 地域人材部門

                 (担当:長尾・黒木)

0985-58-7868 

© 2020 DIVE!ミヤザキ・プロジェクト |宮崎大学 産学・地域連携センター